【デスポルチ】テッサligth ID2は足との一体感が半端ない最上級のカンガルーモデルです

ドリブルジャパンデスポルチロゴ
デスポルチは日本人に合った幅広く、甲高フットサルシューズで株式会社ドリブルジャパンという日本のメーカーが、2003年からデスポルチシリーズを製造開始しています。

 

tessa/テッサligth ID2(天然皮革カンガルーレザー)選びのポイントは?

デスポルチフットサルシューズtessaテッサligthID2
ヨコ幅のホールド感があって足との一体感は非常にあるものの、逆に本格志向や競技志向でないエンジョイフットサルにはちょっと向かないかも。プロ仕様ですね。

 

この一体感がテッサの魅力なので、とにかく靴中の余裕がなく、サンルイス・カンピーナス・ボアビスタのように靴内で指をモゾモゾ動かすことはできず、常に足前部(甲〜指先)が締め付けられている感じがします。

 

ヒモの一個目が指の付け根にあるため、カンガルーレザー部分の面積が小さい=革の伸びしろが小さいから、指をモゾモゾ動かす空間が限られます。
(左)カンピーナス、(右)テッサ

 

自分はサンルイスKT、カンピーナスTFSPも持っていますが、テッサのカンガルーレザー部分は厚みがあってとにかく硬い。ステッチもタテ方向に入っているので伸びにくくなっているから、余計に硬く感じます。
(カンピーナスのカンガルーレザーの足入れ感の良さをを想像してると、全く違うものでした)

 

艶ありブラック×ゴールドが気に入って買ったものの、届いて試し履きしたら履きこなす自信がなし。。。
デスポルチのシューズの中でもクセがあるといわれるテッサが、ネット通販でもサイズが豊富に在庫残っているのがうなづける。

 

(買ったばかりの時に記事を書いたのですが、今では問題なく履けていて、むしろフィット感最高です。)

 

でも悪いことばかりではなく、デスポルチなので幅広シューズなのは間違いなく、この横幅でつま先までの一体感は他のメーカーでは体験できないと思う。(世の中、ミズノノレリア、アディダス、ナイキなども細身シューズが多いし、横幅広いシューズを選ぶとつま先が余りまくるし)

 

テッサはデザインも良いし!
(左)サンルイスKT、(右)テッサ

 

 

tessa/テッサligth ID2 26.5cm(2017年モデルの場合)

シューズのサイズ 26.5cm
デスポルチフットサルシューズtessaテッサligthIDサイズ226.5cm

 

実寸・サイズ

タテ長外寸28.0cm (購入サイズ+約1.5cmでした)
デスポルチフットサルシューズtessaテッサligthID2タテ長28.0cm
ヨコ幅外寸10.6cm
デスポルチフットサルシューズtessaテッサligthID2横幅10.6cm
甲高5.3cm 写真の角度が悪いですがソール位置は0cmです
デスポルチフットサルシューズtessaテッサligthID2甲高
ヒール高10.8cm 写真の角度が悪いですがソール位置は0cmです
デスポルチフットサルシューズtessaテッサligthID2ヒール高

 

私の足サイズ

タテ長25.7cm
足サイズ実寸ヨコ幅25.75cm
ヨコ幅10.2cm
足サイズ実寸タテ長10.5cm

 

自分の足サイズで、テッサを選ぶなら、27.0cmにすればよかったと後悔しています

自分が持っているのサンルイスKTが27.5cmでカンガルレザーが伸びたら大きくなってしまった経験があります。

 

同じ形のカンピーナスのカンガルレザーを、お店で26.5cmと27.0cmを履き比べたところ、カンガルレザーの伸びを考えると26.5cmが良いと判断。

 

そして試着したことないテッサも、カンガルレザーだからサンルイスと同じと判断して、テッサ26.5cmをネットでポチっと購入。

届いて早速履いたところ、新品は革が硬いというのもあるけど、明らかに小さいかった。。。テッサはサンルイス・カンピーナス・ボアビスタと作りが違うから、あと5mm大きい27.0cmにしておけばよかった。

 

デスポルチフットサルシューズサンルイスKTとtessaテッサligthID2比較
(左)テッサ:カンガルーレザー部分が小さくヒモも指の付け根から始まるため横方向への伸びしろが小さく、ヨコのホールド感が強い。

 

(右)サンルイス:カンガルーレザー面積が広く再度まで回り込んでいるので横方向への革の伸びしろが大きい。
デスポルチフットサルシューズtessaテッサligthID2カンガルレザー伸びシロイメージ

 


 

シューズと足サイズ比較
デスポルチフットサルシューズtessaテッサligthID22と足サイズ比較1
こう見ると余裕ありそうですが、新品だとピッタリで余裕なしです。
デスポルチフットサルシューズtessaテッサligthID2と足サイズ比較2

 

つま先回りの余裕
デスポルチフットサルシューズtessaテッサligthID2つま先回りの余裕1
デスポルチフットサルシューズtessaテッサligthID2つま先回りの余裕2
なんとか5mmくらいありそうだけど、革が硬くて余裕を感じられない。

 

ソールとつま先・甲の曲がり具合
デスポルチフットサルシューズtessaテッサligthID2ソールとつま先・甲の曲がり具合1
デスポルチフットサルシューズtessaテッサligthID2ソールとつま先・甲の曲がり具合2
デスポルチフットサルシューズtessaテッサligthID2ソールとつま先・甲の曲がり具合3
デスポルチフットサルシューズtessaテッサligthID2ソールとつま先・甲の曲がり具合4
甲の曲がり具合はサンルイス・カンピーナス・ボアビスタ同じだが、ヒモ1番目が指付け根付近まで来ている違いのせいか、指の付け根から指先までのホールド感を非常に感じます。

 

「D」のロゴが初めは硬く、靴ズレ流血するので、当たる中指の場所にテーピングを巻いて防御します。

 

ソールはさすがデスポルチで柔らかく、思いっきり曲げても硬さを感じません。

 

デスポルチのインドアシューズは初めてなので、テッサのソールと、サンルイス・カンピーナスのソール比較ができませんが、この柔らかさなら足裏ボールタッチは問題ないでしょう。

 

とにかく自宅で慣らし履きした結果

デスポルチフットサルシューズtessaテッサligthID2自宅で慣らし履き
4年履いているサンルイスと同じカンガルレザーなのか!?と思うくらい、新品のカンガルレザーは硬いです。

 

爪先サイズ感0.5cm程度の余りで、横幅は小指がモロ、シューズに当たって、初めの革の硬さもあり、足の指が痛くてやってしまった!!と後悔していました。これが試着なしのネット購入の怖さです。

 

返品・サイズ交換できないため、次の体育館フットサルの予定まで3週間ほど時間があったので、カンガルーレザーが伸びればなんとかなるだろうって、自分は26.5cmを買ってしまったがために、慣らし履きして革を伸ばすことにしました。

 

柔らかくしないとフットサルどころじゃないため、届いた日から朝起きたら厚手のスポーツソックス履いてテッサを履いて、帰宅したら同じように寝るまで履いて、を毎日続けたら、1週間くらいで窮屈感が、若干改善され始めました。

 

実際にフットサルをしないと、靴底の沈み込みや革の伸びが見込めないものの、自宅履きだけでも多少は良さげなピッタリ感に、変わってきました。

 

カンガルーレザーが伸びたのと形が自分の足に沿ってきたからでしょう。今後に期待。

 

買ってから4ヶ月経って、10回くらい室内フットサルやっています。新品のテッサは革が硬くて指が痛かったのですが、室内慣らし履きを1か月行ってから、ミンクオイルを毎回プレー前に塗ってから履いている今は、ジャストフィットのシューズになっています。
おそらく27.0cmの方が望ましかったでしょうが、26.5cmでもミンクオイルで革を柔らかくすれば十分履けることが分かりました。

 

新品の天然皮革をミンクオイルで柔らかくしたレビューはこちら>>

 

このシューズの特徴

おすすめサイズ

自分の足の長さに以下をプラス
 おすすめ・・・プラス1.0センチ〜1.4センチの間に収まるサイズ
 ピッタリすぎて後悔サイズ・・・プラス1.0センチ未満(=0.9センチまで)のサイズ
(例)足長25.7cmならプラス1.3センチの「27.0cm」のシューズがおすすめ!

 

アッパー

デスポルチのデザイン最高!艶ありパール黒のアッパー最高!フットサルは見た目も大事!
だから革よ早く伸びてサイズ馴染んでほしい。。。
デスポルチフットサルシューズtessaテッサligthID2アッパー

 

ヨコ幅の注意点

とにかく、同じデスポルチでもサンルイス・カンピーナス・ボアビスタとは違ってヨコ幅が狭く感じますし、カンガルレザー部分の面積が小さいから、サンルイス達ほどのヨコ幅の伸びは期待できません。

 

つま先の注意点

カンガルレザー部分の面積がサンルイス達より小さいから、タテ方向への伸びもそこまで期待できません。つま先が当たるサイズを買うのはやめましょう。

 

サイド(メッシュ)

メッシュの面積は大きく、サイドはほぼメッシュですので、通気性は抜群です。靴内の湿気・温度を下げることはパフォーマンス向上につながるため、テッサは競技や本気向け仕様といえます。
デスポルチフットサルシューズtessaテッサligthID2サイド(メッシュ)

 

インソール/取り外し式

※別売りの純正1,600円(税別)人工スウェード張りインソールが標準セットされています。
スウェード張りによる靴内の足滑り防止となるほか、本体/EVA・トウ部反発材・ヒール部緩衝材(PORON)搭載で機能性も良いです。とにかく人工スウェード張りの方が良いです。シューズ内で足が滑らない素晴らしさは、一度体験したらやめられません。
デスポルチフットサルシューズtessaテッサligthID2インソール/取り外し式
デスポルチフットサルシューズtessaテッサligthID2インソール

 

 

中底

PORON中底(オレンジの部分)は、サンルイスKT旧モデルにはなかった衝撃吸収材「PORON」が非常に良いです。ナイキのエアはZoomAirの感覚で、PORONあり・なしは、ナイキのエアあり・なしくらいの差があります。

 

特にインドア体育館は、板床の硬さが膝に負担かかるため、クッションの良いシューズは足の疲労軽減にも役立ちます。
デスポルチフットサルシューズtessaテッサligthID22中底
これは間違いなくPORON搭載のシューズの方が良いです。足や膝を痛めたらフットサルが楽しめません。安い旧モデルよりもクッション性が良いPORON搭載シューズを選びましょう。

 

シュータン(ベロ)

スウェード張りのおかげで靴内での足ズレ防止になります。表/メッシュ・裏/スウェードになっていて、通気性UPと柔らかさUPしています。
デスポルチフットサルシューズtessaテッサligthID2シュータンベロ

 

ライニング

スウェード張りで、靴内で足ズレ防止になっています。ほとんどのメーカーはライニングはメッシュになっていて、このかかとと足首回りがスウェード張りだと、靴が足に吸い付いているくらいフィットします。
↓黄色で色づけた部分です。
デスポルチフットサルシューズtessaテッサligthID2ライニング

 

ソール

通気口あり、薄型ノンマーキングソール。
体育館のインドアプレーはシューズが蒸れます。ソール裏の通気口はシューズ内を快適に保ちます。
デスポルチならではの薄型ノンマーキングソールが、足裏でボールを操る感触をダイレクトに感じられます。
デスポルチフットサルシューズtessaテッサligthID2ノンマーキングソール

 

tessa/テッサligth ID2とサンルイスKTの見た目比較

サンルイスKTとtessaテッサligthID2アッパー比較
サンルイスKTとtessaテッサligthID2側面比較
サンルイスKTとtessaテッサligthID2ヨコ幅比較
サンルイスKTとtessaテッサligthID2甲高比較

 

フットサルを5回やってみた結果

1回のフットサル時間は3時間。3チーム回しでやるから実際のプレー時間は2時間程度。

 

体重と踏ん張りでシューズの底が少し沈んで、インソールも少しつぶれて、多少シューズ内の空間に余裕ができました。届いたときは革もガチガチに硬くて、明らかに小さかったテッサも足にピッタリ合うシューズになってきました。

 

つま先はギリギリサイズなので、トゥーキックをすると爪に衝撃が来るので爪が痛いなー、って感じますが、横幅は小指の当たりや痛みはなく、ぴったりフィットサイズで思いのままにプレーができています。

 

冒頭でテッサはプロ仕様と言ったように、たま〜にしか履かない人には足馴染みしないシューズ状態が続くから厳しいでしょう。定期的に履く人には、一段上のプレーヤーとしてテッサは満足するシューズでしょう。

 

(10回以上プレーしている今では、毎回ミンクオイルを塗って革を柔らかくしてからプレーしていて、最高のフィット感で指の痛みはありません。27.0cmを買っていればミンクオイルを塗る必要も無かったのでしょうが、26.5cmを履きこなしています)

 

[デスポルチ] フットサルシューズ インドア用 テッサLIGHT ID 2 DS-1432 パールブラック/ゴールド 25.5 cm

新品価格
¥9,990から
(2019/1/22 22:21時点)

【デスポルチ】テッサlight ID2/最上級モデルの良し悪しレビュー記事一覧

デスポルチのフットサルシューズでオールブラックといえば、カンピーナスJT5Vの別注三ツ星モデルと、15周年オールカンガルレザー記念モデルくらいです。カンピーナスJT5Vの別注三ツ星モデル↓ブラック×ゴールド(黒×金)の激渋モデルなんだけど、カンピーナスだと、ライニングとベロ裏がメッシュなので機能性で考えるとイマイチなんですよね。15周年オールカンガルレザー記念モデル↓悪くない、悪くないんだけど、、...