【skins】コンプレッションウェア・インナーで最高のパフォーマンスを!着るだけパワーアップで差をつける!

skins(スキンズ)は着るだけでパワーがみなぎるコンプレッションウェア・インナー。練習も大事だけどやっぱり道具って大事。
最高のパフォーマンスを見せるならインナーも気を抜かない!

 

フットサルをやっていてコンプレッションウェア・インナーを着ているときと来ていないときは、疲労度も違うしプレー中の体のキレも違います。

 

中級〜本気でスポーツするなら、コンプレッションウェア・インナーは安物を買うより、高額でも評判の良い製品を買った方が飽きないし、実際にパワーも出ます。

 

自分は今までグンゼのwild、Bodymaker、TULTEXを試してきたけど、本格スポーツには向かない、普通の下着を着ているような感じで今ひとつ物足りませんでした。

 

ワコールのCW-Xとskins(スキンズ)で迷ったのですが、レビューも同じくらいの評価だったので価格が安いskins(スキンズ)A200 DNAMIC COREを選びました。

 

どんなコンプレッションウェア・インナーが合うのか分からない方のために、自分が買ったskins(スキンズ)A200 DNAMIC COREを紹介します。

 

コンプレッションウェア・インナーの目的は、運動、仕事、日常いろいろあるけど、ここでは運動を目的とした紹介となります。

 

skins(スキンズ)の種類/メンズ・2019モデル

A400ロングスリーブ(長袖) 本体価格(税別) 特徴

A400 ULTIMATE メンズ ロングスリーブトップ
A400 ULTIMATE メンズ ロングスリーブトップ

\14,000 アスリートをサポートするA400シリーズ(最上級グレード)

A200 DNAMIC CORE メンズ ロングスリーブトップ
※このモデルのレビューです
A200 DNAMIC CORE メンズ ロングスリーブトップ

\11,500 価格・機能ともにバランスが取れたおすすめの標準モデル。丈を長くし裾部分にシリコンストッパー採用で、着用時ズレ防止

A200 THERMAL メンズ H/Zロングスリーブトップ
A200 THERMAL メンズ H/Zロングスリーブトップ

\13,500 冬シーズンに最適な裏起毛タイプ

RECOVERY ELITE メンズ ロングスリーブトップ
RECOVERY ELITE メンズ ロングスリーブトップ

\13,000 スポーツ後のリカバリーに最適なRY400シリーズのアップデートモデル
A200ロングタイツ 本体価格(税別) 特徴

A400 K-PROPRIUM メンズ ロングタイツ
A400 K-PROPRIUM メンズ ロングタイツ

\23,000 スキンズ最高峰モデルのK-PROPRIUMシリーズ(最上級グレード)

A400 ULTIMATE メンズ ロングタイツ
A400 ULTIMATE メンズ ロングタイツ

\17,000 アスリートをサポートするA400シリーズ(A200の上級グレード)

A200 DNAMIC CORE メンズ ロングタイツ
※このモデルのレビューです
A200 DNAMIC CORE メンズ ロングタイツ

\13,500 スキンズ一番人気。A200 DNAMICは、初めてタイツ購入に一番最適モデル

A200 DNAMIC CORE メンズ クールロングタイツ
A200 DNAMIC CORE メンズ クールロングタイツ

\13,500 スキンズ初のクールモデル。タイツ着用時の暑さを軽減。ハムストリング、膝裏、ふくらはぎ部分にパワーメッシュを配置

A200 THERMAL メンズ ロングタイツ
A200 THERMAL メンズ ロングタイツ

\15,500 冬シーズンに最適な裏起毛タイプ

RECOVERY ELITE メンズ ロングタイツ
RECOVERY ELITE メンズ ロングタイツ

\16,000 スポーツ後のリカバリーに最適なRY400シリーズのアップデートモデル

 

購入目的

用途 フットサル
頻度 週1回
時間 1回2〜4時間

 

まず、私の体形

  • 年齢 40代・男性
  • 身長 176cm
  • 体重 66〜68kg(BMI 21.7、体脂肪率17%〜18.5%)
  • 胸囲 85cm
  • 腹囲 84cm
  • ヒップ 91cm
  • 太もも 51cm
  • ふくらはぎ 33cm
  • 足首 21cm

年齢の割にお腹は出ていない細身ですが、ガリガリではなく、まあ細身の中年体形です。

 

実寸
 

↓胸囲 85cm(トップスSサイズ適用範囲:胸囲86〜94cm)
胸囲実寸
※手首回りは 17cm

 

↓腹囲 85cm(skinsのトップスは胸囲のみで選択)
腹囲実寸

 

↓太もも 51cm(skinsのタイツは身長・体重のみで選択)
太もも実寸

 

↓ふくらはぎ 33cm(skinsのタイツは身長・体重のみで選択)
ふくらはぎ実寸

 

↓足首 21cm(skinsのタイツは身長・体重のみで選択)
足首実寸

 

↓股下 80cm(skinsのタイツは身長・体重のみで選択)
股下実寸

 

身長に対して手足が細く、お腹はメタボギリギリセーフ、年の割にスリムだけどおなかがちょっと出ている体形です。

 

・skinsのトップスは胸囲のみでサイズ選択のため、Sサイズを選択。
・skinsのタイツは身長・体重のみで選択のため、Sサイズを選択。

 

skins(スキンズ)A200 DNAMIC CORE購入サイズ

自分のサイズに合わせたメーカーサイズ適合表通りの購入で大丈夫です。
サイズの境目になった場合は好みの問題ですが、中年者は太るでしょうから上のサイズを選択した方が良いと思います。

 

skinsは生地が本当に良く伸びて身体にフィットしてギュッと締め付けてくれます。安いコンプレッションウェアは、「生地が柔らかくて伸びる=締め付け感無し」もしくは「生地が硬くて締め付け感を出す=フィット感が無い」です。

 

トップス

トップスは胸囲のみでXS〜XXLサイズを選びます。
skins(スキンズ)トップスサイズ表
私は胸囲85でしたのでサイズ適合表の境目でしたが、少し太ったらXSは小さすぎると判断してSを購入

 

↓「A200 DNAMIC CORE メンズ ロングスリーブトップ」
skinsA200DNAMICCOREロングスリーブメーカー写真

 

適合サイズ内でも強いコンプレッション力を得るため、シャツのサイズはビックリするくらい小さいです。

 

お店や売り場で現物を見たことがある人は分かると思いますが、キッズサイズじゃないかと間違えるくらい小さいですが、生地が伸びる伸びる。
skinsA200DNAMICCOREロングスリーブ

 

↓トップスSサイズ
skinsA200DNAMICCOREロングスリーブSサイズ

 

↓実物のウエスト幅30cm(前後で60cm)。私のウエスト84cmですから、24cmは伸びています。
skinsA200DNAMICCOREロングスリーブ実寸
(トップスの裾内側に、シリコン加工があってズリ上がり防止になっています)

 

トップスすそ伸び具合
スキンズトップスすそ伸び具合

 

手首まわりの伸び具合
幅7cmしかありません。私の手首は17cmなので2倍以上伸びています。
スキンズトップス手首の伸び具合

 

skinsの良いところは手首・足首の入れ口が小さいですが、安物と比べて良く伸びるので着脱も楽で、正しいコンプレッション機能が発揮されます。

 

タイツ

タイツは身長と体重のマトリックスからXS〜XXLサイズを選びます。
スキンズタイツサイズ表
私は176cm、68kgとしてSサイズを選択しました。身長適用が185cmまであるので、176cmの自分は丈が十分ありました。

 

↓「A200 DNAMIC CORE メンズ ロングタイツ」
スキンズA200 DNAMIC COREメンズロングタイツ

 

こちらも適合サイズ内でも強いコンプレッション力を得るため、サイズはかなり小さく、キッズかレディースサイズかと思いますが、生地が伸びます。

 

↓タイツSサイズ
スキンズタイツサイズ表

 

↓足首は9cm(前後で18cm)。私の足首が21cmなので結構簡単に足首が通ります。
スキンズタイツ足首実寸

 

↓トップスと同じく実物のウエスト幅30cm(前後で60cm)。私のウエスト84cmですから、24cmは伸びています。
スキンズタイツウエスト実寸

 

フットサルをやる自分には下半身のコンプレッションウェアは特に重要で、十分に締め付けてくれるskinsはプレー中に筋肉のブレを感じず、パフォーマンスを発揮できていると感じています。

 

 

着脱

着脱の際はコツがいります。
まずは着方です。慣れればスムーズに着たり脱いだりできますが、それでも引っ張り過ぎると爪で破いてしまうから慎重にやる必要があります。

 

着るときの所要時間

上下で5分程度(初心者は10分くらい)
トップスは、縫い目がずれないように手首から着てヒジ上まで両手を通したら、次に首を通して、胸・二の腕・お腹の順に着ていきます。
タイツも、縫い目がずれないように足首から着てヒザ上まで両足を通したら、太もも・おしり・ウエストの順に着ていきます。

 

右手の手首を入れます。

 

このとき写真の縫い目の間に手首の親指側の骨が来るようにします。

 

SKINSのロゴが手の甲側に来ています。

 

そのままヒジの上まで伸ばします。

 

続いて左手の手首を入れます。

 

右手の時と同じように、縫い目の間に来るように左手を入れます。

 

そのままヒジの上まで伸ばします。

 

あとは首を通して、胸、お腹の順にゆっくり生地を伸ばしながら着ていきます。

 

上着は完成です。

 

タイツを履いていきます。
まずは右足から、左右のロゴがサイドに来るように足首を通していきます。

 

縫い目が曲がらないように膝上まで上げていきます。

 

ヒザが縫い目の間に来るようにモモまで上げます。

 

左足も右足と同じ要領でモモまで上げていきます。

 

両足ともモモまで履いた状態です。両ヒザともしっかり縫い目の間に来ています。

 

トップスをお腹の上までまくって、タイツを完成させます。

 

最後はトップスを下げて、上下完成です。
トップスはお尻の真ん中くらいまで下げます。

 

着方の注意点

着るときは縫い目を正しい位置にしないと、正確なコンプレッション機能が発揮できないため、縫い目を見ながら手首や足首から順々に伸ばしながら着ていくので時間がかかります。
skinsトップス縫い目
skinsタイツ縫い目

 

着たあとに縫い目の位置をずらそうとしても、ピッタリ身体に生地が張り付いているから一ヶ所のみずらせるけど、全体的に縫い目位置を変えらません。

 

縫い目位置を間違ったら一度脱いでから着直しましょう。

 

脱ぐときの所要時間

上下で2分程度
汗が滑り止めになって脱ぎづらいのですが、慌てずに着た順とは逆の手順で脱げば、そんなに大変ではありません。

 

 

着心地

適合サイズなのに、パツパツでピッタリ。初めは息が止まるくらいの強いコンプレッション感でした。
スキンズトップス胸板着心地

 

運動用のコンプレッションウェアとしては、キツ目に着ないとあまり意味が無いと思いますので、これくらいがちょうどよいと思います。
スキンズトップス脇のメッシュ

 

猫背の自分も背筋が自然と伸びます
スキンズ斜め正面トップス着心地

 

決して強制ギプスではないので、背筋真っ直ぐのサポート力も過度な期待はしないでください
スキンズ腕と腹回り着心地

 

ヒザのサポートは自分にはイマイチ足りないかな。全く無いわけではなく、ヒザの両サイドに縫い目があって、左右のブレ防止は機能しています。
自分はフットサルをやるのでお皿周辺のケアを気にしているので、skinsの上に別途ヒザサポーターをしています。
スキンズ下半身着心地

 

スキンズ太もも着心地

 

トップス丈

スキンズ着心地全体像1
スキンズトップス裾
お尻の真ん中位まで伸びます。もっと伸ばせますが、伸ばして運動できる限界を超えているので運動でずり上がって来てしまうし意味が無いです。

 

便利な点

ウエスト部分に1.5cm幅のシリコンゴムがぐるっと一周付いています。
スキンズウエスト部分シリコンゴムが滑り止
シリコンゴムが滑り止めの役割を果たすので、お陰で運動しててもほぼずり上がって来ません。

 

たいていのコンプレッショントップスは、運動してると気づいたらお腹が出てたなんて事が毎回のようにあります。

 

効果

 

AmazonでA200 DNAMIC COREは上下で2万円くらいする高級コンプレッションウェア・インナーですから、効果のほどが気になります。

 

自分はフットサルを毎週やるのですが、コンプレッションウェアでパフォーマンス結果が変わってくるのを実感しています。

 

安物は生地が厚くて伸びない分無理やり締め付けているか、生地が柔らかくて締め付け効果が感じられません。手首や足首も生地が伸びず着脱に苦労します。

 

しっかり伸びる生地でキツく締め付けられるコンプレッションウェア・インナーがskinsです。

 

スポーツ専用コンプレッションウェア・インナーは、キツイサイズであることは間違いなので仕事で長時間を着用は無理です。腕とかしびれてきます。

 

私はフットサル用の激しめのスポーツが目的なのでskinsを紹介しましたが、しっかり用途に合った物を買いましょう。

 

耐久性

まだ2ヶ月なので傷んだ様子はありません。洗濯もネットに入れて洗っています。転ばないようにしてるので破けていませんが、膝とかヒジは転んだら破けるでしょう。

 

使い続けると生地が劣化してきて、おそらく締め付け度合が弱くなっていくんだと思います。

 

転んだらコンプレッションウェア穴空いた!


コンプレッションウェアは破けやすい?値段が高いほうが破けにくいかなーとか思っていたけど、スキンズ履いてフットサル中、人工芝で転んで膝に穴空いた話です。

 

↓左ヒザ小僧の下あたり

 

↓直立でも地肌が見えている

 

コンプレッションウェアは摩擦に弱いのはしょうがないですが、豪快に転んだ訳でもなく、ダッシュしようとして右足が人工芝にシューズがつまづいて左足から人工芝に倒れこんだとき、左膝から接地してしまい、穴があきました。

 

↓直径1cmほどの穴

 

↓履くと生地が伸びるから直径2cmくらいの穴になります

 

コンプレッションウェアの素材的に、転んだら絶対穴あくと思っていたから、左膝接地後に身体をゴロゴロと回転させて衝撃を逃がしたのですがダメでした。

 

左膝の膝小僧下あたりが穴空いた場所ですが、多少赤くアザっぽくなっていて触ると少し痛いくらいですが、このくらいの接地衝撃でも人工芝との摩擦熱で穴が空いちゃうんです。

 

↓膝小僧の場所

 

以前、体育館の床でも同じ感じで転んだけど、その時は穴あかず。

 

たぶん、ほんの少しの差の摩擦熱でコンプレッションウェアの繊維が溶けてしまって、そのわずかな一部分から回りに広がるように破けてしまうということなんだと思います。

 

思いきって買った1万円くらいしたスキンズだから、わずか5回目で穴あきタイツになるとは、、、残念。

 

スキンズの素材が弱いという訳ではなくて、コンプレッションウェアは転んだら破けるものだし、
何よりスキンズはお気に入りなので、とりあえず手縫いで縫い合わせて穴を塞ごうと思ってます。

 

穴を補修してみた!

用意するもの

  • 補修布(ダイソーで購入)
  • アイロン
  • あて布
  • 針と糸
  • ハサミ

 

補修布(ダイソーで購入)

 5色入りで穴補修なら大きさも十分。タイツに合わせて黒を使用しました。
ダイソー100均補修布

 

補修後

 見ればわかりますが、しっかり縫製すれば問題ありません。
スキンズタイツ穴あき補修

 

補修方法

 作業風景は写真無いため、図で説明します。

 

あて布を当ててアイロン圧着

穴あき補修アイロン圧着
 穴の内側、外側の両方から補修布を当てます
 本体が溶けないよう、低〜中温でサーッと押し込みます。

 

圧着後の状態

穴あき補修アイロン圧着後

 

縫製(横からみた図)

穴あき補修縫製方法
スキンズ本体は伸びる素材で土台としては弱いので、補修布(表側)〜本体〜補修布(内側)をサンドイッチ状に縫製します。

 

縫製(上から見た図)

穴あき補修縫製手縫い

 

補修後写真

↓隙間をあけずに縫製すれば見た目も強度も大丈夫です。
穴あき補修縫製後見た目

 

↓内側は仕上がりが雑になりましたが良しとします。
穴あき補修縫製内側

 

 

 

skins/スキンズ DNAMIC(旧:A200)シリーズの通販はこちら(amazon)>