滑り止め付きサッカーソックスtrusoxを履いてプレーしたら本当にすべらないから切り返し力UP!

ウルグアイ代表スアレス選手、日本代表岡崎選手(レスター)、イングランド代表ウェルべック選手(アーセナル)、バレンシア選手(マンU)、ベイル選手(レアル・マドリード)、レノン選手(トッテナム)、オランダ代表ロッベン選手など、世界の一流サッカー選手が愛用してパフォーマンスを向上させている滑り止めソックスで有名な製品がトゥルーソックス(TRUSOX)です。

 

有名選手が使用するtrusox(トゥルーソックス)も、廉価版トゥルーソックス風も両方持っているので、比較紹介します。

 

↓左が本家本物のtrusox(トゥルーソックス)、右が廉価版トゥルーソックス風
trusox風ソックスと比較

 

靴下なんて気にしていなかった自分が毎週土曜にフットサルをしていて、最近のシューズは軽量化で軽くなったのはいいけど、シューズの内側が滑ってしまうので何とかならないものか悩んでいました。

 

自分は偶然、trusoxという存在を知り、世界の一流選手が履いていることを知りました。
初めはトル―ソックス、トゥールソックス、TRUESOXなど読み方もよく分かりませんでした。。。

 

調べてみるとtrusoxはなんと最安値でも6,000円。。。

 

安売りはしてなくて品質に自信があるのでしょう。

 

しかし、靴下に6,000円は出せないな、、、と考えていたところ、見た目がそっくりな滑り止めソックスがAMAZONで2,000円以下で売っているのを見つけました。

 

trusoxも、廉価版トゥルーソックス風も両方持っているのですが、初めに購入した廉価版トゥルーソックス風からレビューいたします。

 

廉価版トゥルーソックス風のソックスレビュー

実際にソックスを履いた感じ

 

滑り止め付きソックスを実際に履くまでは効果のほどが分からないので、高価なtrusoxじゃなくて良いだろうと思って試しに買いました。
結論からいうと、trusoxを買うまでに、すでにロング丈2足目、ショート丈1足目の合計3足購入して愛用しました。トゥルーソックス偽物とかパチモンとかバッタものとか言われているけど、普通のソックスやストッキングと比べて、十分すぎるくらい滑り止め効果を体感できます。

 

↓トゥルーソックス風 ノンスリップソックス
滑り止めサッカーソックス
なんと左がショート699円、右がロング1,700円!
安くて滑り止め効果が高いので、しょっちゅうAMAZONでも売り切れてしまい、購入時期が違うと色やデザインが違ったりします。

 

ソックスサイズ(トゥルーソックス風)

表記は25-27cmとのこと。
自分の足の実寸サイズは26cm弱。
シューズは27〜27.5cmで、自分にとっては非常にちょうど良いサイズです。
trusox風ソックス

 

滑り止めの素材と配置(トゥルーソックス風)

滑り止めの配置
滑り止め素材は、厚みのあるシリコンのような感じです。
自宅のフローリングを歩くと、床に貼りつくような感じです。

 

足裏面、かかとの途中くらいまで滑り止めがあります。
つま先は滑り止めが無く、フットサルをしているとここがちょっと物足りなく感じたりします。(とは言っても、普通のソックスと比べると十分滑り止めが効いています)

 

履いてみた感じ(トゥルーソックス風)

実際にソックスを履いた感じ
側面は滑り止めはありません。
足の指の付け根付近からかかとの途中まで滑り止めが付いている状態ですが、これでも十分滑り止めになるんです!

 

実際にソックスを履いた感じ
ロング丈は上まで上げると膝小僧が隠れるか隠れないくらいまで上がります。(自分は身長176cmです)
ソックスとしての締め付け感はある方だと思います。ふくらはぎのカーフコンプレッションの役目を十分果たします。

 

生地厚み(トゥルーソックス風)

ソックス生地の厚み
裏返した画像です。
厚手のソックスです。【素材】ナイロン56%、綿34%、エラスティック8%、ライクラ2%となっています。
いわゆる薄いサッカーソックスではありません。
滑り止めの厚みもあるので、実際に履くと結構クッション性を感じます。

 

使用感、耐久性(トゥルーソックス風)

ソックス使用感、耐久性

 

ソックス使用感と滑り止め耐久性
イエローのロング丈ソックスは、約5ヶ月間、週1回(1回2時間〜3時間)の頻度でフットサルで使用しました。20回くらい履くと滑り止め自体が薄くなり、表面のシリコン加工のようなものが取れてしまい、かかとのあたりは滑り止めがが取れています。触ると滑り止め効果もだいぶ落ちています。
こんな状態でも滑り止めが無いソックスと比べるとシューズ内で滑らないのですが、古くなってきたので黒のロング丈を購入しました。使用用途、頻度も関係しますが自分の場合は、耐久性は半年くらいということになります。

 

スポーツソックス レディース メンズ サッカー 靴下 トレーニング ソックス バスケットボール テニス バドミントン バレーボー 登山 自転車 Yoga くつした 23-27cm 滑り止め 中厚手

新品価格
¥699から
(2019/1/22 21:50時点)

 

ついにtrusoxをフリマアプリで見つけて中古で安く買いました

廉価版トゥルーソックス風も悪くないのだが、毎週フットサルをやる人間としては本物を履いてみたい・・・
他人が履いた中古の靴下ですが使用数回とのとで、新品より安いのでついに買ってしまった。

 

trusox履いた感じ

 

trusox Lサイズ(27-29cm用)・厚手タイプ

実寸は26cmくらい(自分の足は26cm、シューズは27〜27.5cm)
trusoxサイズ

 

多分自分の足にはMサイズ(25〜27cm)の方が良いと思いますが、中古で安かったLサイズでも大丈夫そうです
trusoxサイズ

 

丈はミッドタイプで25cm。ふくらはぎにかかるくらいまで。
trusoxサイズ

 

trusoxの商品説明

trusoxは値段が高いなりに、安価なものとは違う点があります

TRUSOXと安価な滑り止めソックスの違い

 

trusoxは滑り止めの配置面積が広い(trusox)

trusoxは、つま先・底面・かかと・側面まで滑り止めが付いているので、特にダッシュで踏ん張る瞬間の滑り止め効果が高い。
足裏全体のパッド総数は138個もあります
trusox滑り止め面積

 

trusox滑り止め面積

 

足の甲に記載のアルファベットでサイズと厚みが分かります

サイズ

・SM(Sサイズ)SMALL 23-25cm
・MD(Mサイズ)MIDDLE 25-27cm
・LG(Lサイズ)LARGE 27-29cm

厚み

THIN(薄手)
CUSHION(厚手)

 

【例】
LG CUSHION(Lサイズの厚手)

 

滑り止め素材(trusox)

滑り止めパッド素材は薄手のゴムのような、スウェードのような感じです
trusox素材

 

少しはがれてきたのでアップで撮ってみました
trusox素材

 

サイドの滑り止めは横方向の切り替えし時に、シューズが滑らず力を発揮します
trusox滑り止め面積

 

trusox滑り止め面積

 

足裏全体、側面までもれなくパッドがついています
trusox滑り止め面積

 

trusox滑り止め面積

 

かかともシューズと触れる部分まで回り込むようにパッドがある
trusox滑り止め面積

 

trusoxは内側(素足と靴下の接地面)にも滑り止めが付いている

新品のソックスの難点は靴下の中で足が滑ることがあるけど、trusoxはそこにも表面と同じく滑り止めが付いているから、足と靴下とシューズが一体化した感覚になる。

 

ぱっと見、表と見分けがつかない内側の写真です
trusox滑り止め裏側

 

普通の靴下のように履けました。足が滑りにくく履きにくい、みたいなことは無いです。

 

履いた感じ(trusox)

サイズ感も良く、履いた感じは普通の厚手ソックスと変わりません
内側のパッドは肌に触れていますが履きづらいとか、摩擦係数が高くて痛いとかもありません

 

↓LG CUSHIONなのでLサイズ厚手タイプです
trusox履いた感じ

 

trusox履いた感じ

 

trusox履いた感じ

 

trusox履いた感じ

 

trusox履いた感じ

 

シューズを履いた感じ

かかとのパッドがちょうど隠れるくらいです
trusoxシューズ
靴はある程度ヒモを緩めてから履かないと、滑り止めが効いてしまって靴下がかかとの方にずれて寄ってきます。

 

運動前は足と靴下とシューズがガッチガチに一体になっている感じはなく、滑り止めパッドのおかげでシューズの中で靴下が一体になっているんだなくらいの感じです。

 

ところがプレーを始めると普通の靴下との差は歴然です。

 

滑り止めパッドが足の汗や湿気を吸って摩擦係数が上がり、素足とソックスのズレが無くなり、同時にソックスとシューズのズレも無くなり、シューズと足が一体化します。
trusoxシューズ

 

TRUSOX(トゥルーソックス)【TSMCBK】TruSox トゥルーソックス ミッド(クッション) サッカーハーフストッキングBLK M

新品価格
¥5,994から
(2019/1/22 21:48時点)

 

廉価版とtrusoxの使い分け

本格的にサッカーやフットサルなどのスポーツをやるのであればtrusoxがおすすめです.。
実際にプレーをすると、ソックス内側の滑り止めが効果的で素足とソックスの一体感が非常に良いです。
ソックスとシューズの一体感もあり、足とシューズが一体になりますので切り返しがキビキビできます。

 

エンジョイレベルで休日の趣味でスポーツをやるのであれば、AMAZONの安価な滑り止め付きソックスでも十分です。

 

trusox風ソックスと比較

 

その他、アディダス、靴下専門店 Tabio (タビオ)、アスレタなどからも滑り止め付きソックスが発売されていますので、チェックしてみてもいいかもしれません。

 

[Tabio] タビオ フットボール 5本指ソックス サッカーソックス フットサルソックス スポーツ 25〜27cm

ATHLETAアスレタ ウルトラグリップロングソックス 25-27cm 01085 [10] ホワイト

新品価格
¥2,700から
(2019/1/22 22:41時点)

 

trusox新品は値段が高いので、中古で探す人も多くいます。実際にメルカリなどフリマアプリで中古でもSOLDになっています。
メルカリでtrusoxを探す>

 

ペイペイフリマでtrusoxを探してみる>

 

amazon その他、滑り止め付きサッカーソックス通販はこちら>

 

trusox3.0 full legth MD cushion (Mサイズ 25-27cm)新品を買ってみました

自分はフットサルしていると、ふくらはぎがつるので、ショート丈のtrusoxにtabioのカーフコンプレッションを履いていましたが、セパレートだと履くのが面倒、脱ぐのも面倒でした。

 

trusoxロング丈をずっと探していたのですが、これがまたなかなか売ってなく、やっと見つけた新品を購入しました。

 

trusox3.2fulllenghblackMD25-27cm
やはり新品はいいですね

 

実寸サイズは
trusox3.2fulllenghblackMD25-27cm

 

trusoxはマイナーチェンジをしているのですが、3.0の進化はヨク分かっていません
trusox3.2fulllenghblackMD25-27cm

 

trusox3.2fulllenghblackMD25-27cm

 

trusox3.2fulllenghblackMD25-27cm

 

trusox3.2fulllenghblackMD25-27cm

 

trusox3.2fulllenghblackMD25-27cm

 

(裏側)内側にもしっかりと滑り止めパッドが付いています
trusox3.2fulllenghblackMD25-27cm
trusox3.2fulllenghblackMD25-27cm

 

trusox LG クッションタイプを1年(約40回)使用して、新品との比較はと言うと

40回も履くと劣化が見られます
trusox3.2fulllenghblackMD25-27cmとLG27-29cm比較

 

パッドがはがれています
trusox3.2fulllenghblackMD25-27cmとLG27-29cm比較

 

若干伸びてしまったのはあると思いますが、LGサイズとMDサイズなので元々大きさが違います。
trusox3.2fulllenghblackMD25-27cmとLG27-29cm比較
初期モデルのLGサイズ(写真下)の方が側面のパッドが1列多くなっていて、側面のグリップ力も高くなっています。
よく見るとパッドが初期は5列、現行は4列になっているのが分かります。
つま先方向にも初期の方が2列多くなっています。
実際に履くと、パッド数の違いが分かり、初期の方が側面グリップの強さを感じるのと、特につま先のグリップは初期の方が強く感じます。

 

trusox3.2fulllenghblackMD25-27cmとLG27-29cm比較

 

さらにtrusoxミッド カーフ シン(薄手)Mサイズ 25-27cm/品番:TSMSBKの中古を買いました

ここまで一斉に並べて製品比較している写真は無いかもしれません
trusoxと廉価版比較正面
左から:trusoxMロング、trusoxM薄手(今回購入品)、trusoxLクッション、廉価版トゥルーソックス風

 

trusoxと廉価版比較後ろ底面 (1)
ぱっと見、trusoxと廉価版トゥルーソックス風(一番右)の見分けはつきませんが、、、

 

trusoxと廉価版比較かかと (1)
trusoxは、かかと上部までパッドがあるのが分かります。
trosoxの方が側面もパッドがあるのが分かります。

 

trusoxと廉価版比較側面
左:trusoxMロング、上:trusoxM薄手(今回購入品)、中央:trusoxLクッション、下:廉価版トゥルーソックス風
側面からみると、torsoxと廉価版のパッドの違いは歴然です

 

↓内側(裏面)をめくるとモノが全く違います
trusoxと廉価版比較側面内側
torusoxは内側にも同じく滑り止めパッドが付いています。
このグリップパッドが素足とソックス間、ソックスとシューズ間で生じるズレを徹底的に排除します。

 

左から2つ目のtrusoxミッド カーフ シン(薄手)Mサイズの場合、内側138枚のグリップパッドがあります(同じく外側も138枚のグリップパッドがあります)
trusoxと廉価版比較内側後ろ底面 (2)
あらためて、左から:trusoxMロング、trusoxM薄手(今回購入品)、trusoxLクッション、廉価版トゥルーソックス風です
trusoxと廉価版比較内側後ろかかと (2)

 

本家本物のtrusoxにしても、廉価版トゥルーソックス風にしても、数千円で足とシューズが一体になりますので、滑り止めソックスは本当にオススメのアイテムです。

 

通販サイトのリンクはこちら
【楽天】trusoxを探す >>

 

【楽天】廉価版の滑り止めソックスを探す >>

 

【amazon】trusoxを探す >>

 

【amazon】廉価版の滑り止めソックスを探す >>

 

【Yahooショッピング】torsoxを探す >>

 

【Yahooショッピング】廉価版の滑り止めソックスを探す >>